開けてみた・・

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 00:19

レストラン時代前に仕込んでいた梅酒・・

かれこれ35年位になると思うが・・・「怖いもの見たさ」的な好奇心も手伝って、いざ味見に挑戦!

きつく閉まった蓋を開けた途端に、濃縮された梅の芳醇な香りが噴き出してくる。

この、鼻の奥に突き抜けるような熟成された香りだけで容易に味が想像できる(・・・と思っていたのだが)

濃い褐色の液体を慎重に掬い取り、恐る恐る口に含むと、複雑な旨味が幾重にも閉じ込められた、上等な古酒様の味わいが、口いっぱいに広がった。梅酒が経年でこれほど深みのある味わいになるとは・・お粗末な想像力を反省・・・

20180930_2326358.jpg

左35年物ブランデー漬、中15年リカー漬、右30年ウィスキー漬

 

20180930_2326362.jpg

そのまま肉料理のソースに使えそうな感じ・・

鹿肉なんか良さそう・・

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 00:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM